忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
グラント監督 テリーを擁護「彼がいたからここに来れた」
足を滑らせてPKを失敗した主将のDFジョン・テリーを擁護し
次のようにコメントした。
「PKは幸福と悲しみの両方の可能性を秘めている。
ジョンは何も言わなかった。
とても落ち込んでいたが、彼がいたからわれわれはここにいるんだ。
今シーズンは、われわれにとって普通のシーズンではなかった。
多くの壁があり、リーグ戦では常にマンチェスターー・ユナイテッドが上にいた。
しかし、彼はチームのキャプテンとして、いつもそこにいてくれたんだ」

確かに今シーズンのチェルシーを引っ張ったのは
間違いなくJ・テリーだったでしょう。

シーズン序盤の監督交代というゴタゴタがあり
怪我をしてゲームに出てないときは
チームが波にのれなかった時期もあったが
復帰してからはよくチームをまとめ
よくプレミア2位やCLのファイナリストになったと思います。

人気ブログランキングへ
PR



グラント監督 テリーを擁護「彼がいたからここに来れた」 | Comments(2) | TrackBack(0) | プレミアリーグ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
posted by サトシ URL at 2008/05/22 18:44 [ コメントを修正する ]
初コメントありがとうございます。
何度でも訪問してください!
posted by テリー at 2008/05/23 07:37 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 欧州サッカー37 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]